【朝活はどこでする?】自宅朝活のメリット・デメリット

【朝活はどこでする?】自宅で朝活するメリット・デメリット

おはようございます。サラリーマンブロガー3まる(@3sunmaru)です。
この記事では、自宅で朝活するメリット・デメリットをお伝えします。

3まる
自宅だとお金かからないんだけどなぁ…
通勤楽そうだしカフェでやろうかなぁ…
と、朝活したいけど自宅かやるのがいいのか、職場近くのカフェなどでするのがいいのか迷っていました。
とりあえず、ネットの快適さ・食事の用意がいらないことからカフェで朝活を始めたのですが、試しに自宅で朝活をしてみたら、意外とメリットが多いことに気付きました。

そこで、自宅における朝活のメリット・デメリットを、カフェで朝活する場合と比較しながらお伝えします。

自宅とカフェ、どちらで朝活すべきか悩んでいる方のお役に立てれば幸いです!


朝活の内容・場所の条件

まずはぼくの朝活の内容と、朝活環境の条件をご説明しておきます。
自分にも当てはまるかどうか、ご確認ください!

朝活の内容

朝活では主にパソコンを使って作業を行います。
作業内容はブログを書くか、プログラミングを勉強するかのいずれかです。

プログラミングは本ではなく、動画を見ながら勉強するスタイルです。
たまにiPadで電子書籍を読んだり、手帳に書き込んだりという作業もありますが、いずれも机に少しスペースがあればできるような作業です。
大きな紙を広げたり、音が出る作業といったことはありません

朝活環境の条件

朝活をする環境の条件としては以下が挙げられます。

  • ネット環境が整っている
  • 食事がある
  • (電源がある)

ネット環境に関しては、動画を見ながら勉強するので、ある程度速度が求められます
我が家では無制限のWiMAXを利用しているのですが、短期間に使いすぎると制限が出ます。
前日などに、ソフトウェアなどをたくさんダウンロードしたりすると、朝活に支障をきたします。

食事については、朝ごはんを食べないとお腹が空いて集中できないんですよね…
なので、食事は必須で集中のためにコーヒーがあるとなおよしですね!

電源に関しては無くてもいいのですが、充電し忘れたときなどはあると助かりますよね!
仕事で外勤が予定されている場合も、電源を朝活で費やさなくてもよいので嬉しいです。

では、以上を踏まえて自宅朝活のメリットからお伝えします。

スポンサーリンク

自宅朝活のメリット

自宅で朝活するメリットとして4つのことを感じています。

  • 無駄な移動時間がない
  • お金がかからない
  • トイレが混まない
  • 隙間時間を活用できる

無駄な移動時間がない

カフェで朝活する最大のメリットは電車が混まないことだと考えています。
それを活かすために、混まない時間に朝出ているのですが、早すぎて最寄駅近辺では営業しているカフェがありませんでした…
また、前述したネット環境・電源ありの条件を満たすカフェは早朝オープンしている店が少なかったのです。

そのため、営業しているカフェまで職場の最寄駅から15分ほど歩いて通っていました。
カフェから職場までも10分ほど歩きます。
合計すると30分近くカフェで朝活するために歩いていることになります。

荷物を持っての30分の徒歩移動は疲れますし、移動中にできることも少ないです。
なければないに越したことはありません。

ですので、この最寄駅からカフェまでの移動時間・カフェから職場までの移動時間がないのは自宅朝活ならではの大きなメリットでした。

お金がかからない

ぼくが朝活でよく行くカフェはモーニングセットで約400円ほどかかります。
毎日行くわけではないですが、“塵も積もれば山となる”です。

3まる
混雑している電車が嫌だ…!
という理由で、お金をかけて朝活するのは少々妻には申し訳ないですね…

普段の朝食を早めに済ますだけでお金はかからない自宅朝活は、家計にも優しいです。

トイレが混まない

朝のカフェはトイレが非常に混雑します。
いい店を探そうといくつか巡ってみたのですが、どのお店もトイレの数が少ない割に利用者が多くて混雑していました。
特に男性専用のトイレは少なく、男性+女性が1つ、女性専用が1つというトイレ構成の店が多い印象です。

朝おなかの調子が悪くなりがちなので、トイレが混んでいて使えないというのは死活問題です。

いつでも好きなときにトイレが使えるのは、自宅ならではの強みですね!

隙間時間を活用できる

作業がキリのいいところで終わったら、出勤時間まで家事などをして時間活用ができます。
洗濯物をネットに入れたり、物干しにかけっぱなしだった衣類をたたんだり、少しの時間でできることが家事にはいくつもあります。

妻の負担を少しですが減らせるのも、自宅朝活のメリットです。

3まる
夫婦円満の秘訣は朝活です!
なんて言う日も近いかもしれません。

自宅朝活のデメリット

続いて、自宅で朝活するデメリット4つです。

  • 通勤に余裕を持ちにくい
  • 食事・飲み物の用意は自分でする必要がある
  • カフェより作業効率が落ちる
  • サボってゆっくり寝ることがある

通勤に余裕を持ちにくい

カフェでの朝活は職場近くのカフェまで早めに移動するので、電車のダイヤが乱れるリスクが低いです。
家にいる時間が長くなればなるほど、その間にダイヤが乱れるリスクが高くなります

ギリギリまで家にいて、通勤中に突然の腹痛に襲われたら遅刻する可能性も出てきます

通勤に余裕を持つということは、それだけ心に余裕が持てるということです。
この余裕のない通勤は大きなデメリットとなるかもしれません。

食事・飲み物の用意は自分でする必要がある

カフェに行って注文すれば、お金を支払う代わりに食事が飲み物付きですぐに出てきます。
家ではそうはいきません。
自分で用意をしなくてはいけません
片付けも自分でする必要があります

お金を支払うと言うことは何かの対価を支払うと言うことです。
カフェ代の400円には材料費だけでなく、時間の対価も含まれています。

この400円を材料費・時間の対価とすると安いと考えるか、高いと考えるかはあなた次第です。

カフェより作業効率が落ちる

カフェでの作業はコーヒーの香り・適度な雑音・他のお客の視線など、集中できる環境が整っています。

◆カフェ・コワーキングスペースでの作業のメリットはこちら◆

コワーキングスペース・カフェで作業する7色のメリット

2017.11.13

一方自宅はというと、コーヒーは自分で入れる必要があるし、飲み終わればそれでおしまい。
雑音はほとんどなし、自分で音楽をかけるくらい。
他の人の視線もなし。

と、集中できる環境とは遠い位置に存在します。
この環境下で、集中して作業に取り組めるかどうかは意志の強さが試されます。

ぼくの場合は、めちゃくちゃ集中できたとしても、おそらくカフェの8割程度しか集中力を出せていないでしょう。

3まる
がっつり作業にのめり込みたい…

そんな時はカフェでの作業の方がいいかもしれません。

サボってゆっくり寝ることがある

外に出かけるときって、ふと

3まる
あ、外に出よう!
ってことはあまりないですよね?
何らかの決意や意志を持って出かけると思います。

この差でしょうか?
家で朝から作業するとなると、ついつい

3まる
もうちょっと寝よう…
二度寝してしまうことが多いです。
大抵二度寝してしまうと、その後は出勤ギリギリまで起きることはなく…

寝る前から

3まる
明日は外に出て作業するぞ!
と決意していると心持ちが違いますね。

作業時間の確保に直結するので、二度寝しがちな方にとってはこのデメリットは大きいかもしれません…

スポンサーリンク

まとめ:自宅もカフェもどちらも一長一短!合ってる方でやるのがベスト!

この記事では自宅で朝活するメリット・デメリットをお伝えしてきました。

MEMO
※ 自宅で朝活するメリット・デメリット

◯ 朝活の内容・場所の条件

  • 内容 :パソコンでのブログ執筆・プログラミングの学習
  • 条件1:ネット環境が整っている
  • 条件2:食事ができる
  • 条件3:(電源がある)

◯ 自宅朝活のメリット

  • 無駄な移動時間がない
  • お金がかからない
  • トイレが混まない
  • 隙間時間を活用できる

◯ 自宅朝活のデメリット

  • 通勤に余裕を持ちにくい
  • 食事・飲み物の用意は自分でする必要がある
  • カフェより作業効率が落ちる
  • サボってゆっくり寝ることがある
どちらも一長一短で、何を重視するか・大切にするかでどちらがいいかは変わってきます。
ぼくの場合は、メリット・デメリットを総じて考えるとメリットの方が大きい気がしていて、最近では自宅で朝活することが多くなりました。

朝活の時間は有意義になものになることが多く、生活に張りが出ます。
みなさんは朝活するとしたら何をしますか?

想像してもしちょっとでもワクワクした方がぜひ朝活をご検討ください!


Twitterをフォローしていただけると嬉しいです。

【朝活はどこでする?】自宅で朝活するメリット・デメリット

▼この記事をみんなに広める▼