転勤族3まるが転勤のメリット・デメリットを真剣に考えてみた

転勤族3まるが転勤のメリット・デメリットを真剣に考えてみた
MEMO
この記事は2017年8月1日に書かれたものを加筆・修正したものです。

おはようございます。転勤族ブロガー3まる(@3sunmaru)です。

転勤して少し経ったので、ぼくが思う転勤のメリット・デメリットをお伝えします!

ちなみにぼくはアンチ転勤派です!


メリット

メリット

アンチ転勤派のぼくからするとメリットなんてほぼ皆無なのですが、頑張って絞りだしてみました。

悪縁から解き放たれる

一緒に働いていると1人か2人くらいは嫌な人がいるものです。

転勤があればそんな人もいなくなるかもしれないし、自分が逃げられるかもしれません!行った先がいい人だけとは限りませんけどね!

癒着が起きにくい

風の噂で転勤があるのはこのためだと聞いたことがあります。不正を防止するために定期的に転勤させる。参勤交代的な?ちょっと違うか・・・

システムが高度化してきた現代では不正できないような仕組みづくりさえすればこのメリットは不要ですね。

いろんな土地を経験できる

日本各地飛び回るのでいろんな土地を経験できます。老後の安住の地を転勤の中で見つけることができるかもしれません。

また、住んでいる場所を拠点に様々な観光地へ行くこともできます。会社の指示で移動して、観光ブログを書く。

これだけはなかなか良いかもしれませんね・・・!

自然と持ち物が減る

引越しは荷物がない方が楽です。回を重ねるごとに引越し先で必要なもの・不要なものがわかってきます

次住むところが都会だったりすると、家賃を節約するために狭いところに住んで荷物を減らさざるを得ないときもあります。

そうするとどんどん持ち物は削減されていきます

スポンサーリンク

デメリット

デメリット

個人的にも会社的にもデメリットたっぷりだとぼくは思います。

お金がかかる

引越し代や家の敷金・礼金、家具家電の新調、移動費などなど、転勤には相当なお金がかかります

会社負担であっても、個人負担であっても費用面ではかなりの痛手となるでしょう。

メリットに対するコスパは相当悪いです。

資料作成に手間がかかる

転勤するということは仕事を引き継がなければならないということ。

何も知らない人に仕事を引き継ぐためにはそれ相応の準備が必要です。ていねいな資料作成が求められます。必然的に資料作成にかかる手間は多くなります

また、資料だけでは伝えきれない情報・関係もあります。そういったものも転勤によって失われてしまいます

住む場所を決められない

これがなかなか辛い・・・

ぼくは正直都会が苦手です。ですが、会社にやれ東京だ、やれ大阪だなどと言われたら従うしかありません

The 社畜。

リモートワークも普及してきた現代で住む場所を会社に縛られるというのは精神的にきついものがあります。

仕事をしながら引っ越さなければならない

転勤前も仕事がありますし、転勤後も仕事があります。

引越しの荷物をまとめるのも、荷物を片付けるのもすべて仕事をしながらです。

慣れない職場で慣れない仕事をしながら家の片付けもする。苦行です。心身ともに疲弊します。

ローカルルールに振り回される

同じ会社内であったとしても、必ずローカルルールが存在します。

それを毎回教わって、覚えて、時折前の部署のルールで行動して怒られて・・・

しかもそのローカルルールが宅急便の出し方だとかだとなんとも言えない気持ちになります。

ローカルルールが必要なのもわかります。でも、そもそも転勤なければローカルルールもただのルールじゃないですか!

人間関係がリセットされる

転勤すると人間関係を再構築しなければなりません。仲良くなった人がいてもお別れです。

スポーツでサークルなどに入っていたら再度加入するところを探さねばなりません。

こどもがいたら転校です。ママ友ネットワークも再構築です。

これって結構肉体的にも精神的にも大変です。人見知りなぼくはどんどん人と関わりを減らして、別れも出会いも少なくしたらどんなに楽かと感じてしまいます。

遠距離恋愛はつらい

ぼくは遠距離恋愛の経験はないのですが、新人で入ってくる人は大体遠距離恋愛になります。

会えないことは相当ストレスになるようです。特に社会人同士の恋愛ですと、休みが合わないとなかなか会うこともできません。

入社当時付き合っていた・研修で出会って付き合った人とは別れる人が多いです・・・

現在就職活動をしていて恋人がいる人は転勤族かどうかということも頭に入れて就活をしたほうがいいかもしれません。

STOP!転勤!ダメ絶対!

ダメ

アンチ転勤派3まるは声を大きくして言います!

STOP!転勤!ダメ絶対!

企業さん、そろそろこの悪しき風習辞めませんか・・・?

Twitterをフォローしていただけると嬉しいです。

転勤族3まるが転勤のメリット・デメリットを真剣に考えてみた

▼この記事をみんなに広める▼