家事のできない旦那・彼氏の扱い方

家事のできない旦那・彼氏の扱い方

おはようございます。サラリーマンときどき主夫ブロガー3まる(@3sunmaru)です。

妻から家事のできない夫を持つ友人の話を聞きました。

大学は寮とか少なくなってきている一方で、入学者は増えているので、家事のできない男子は絶滅危惧種かと思っていました。

しかし、コンビニの普及や外食産業の発展により、まだまだ家事のできない男子は多いようです。そこで、今回は家事のできない旦那・彼氏の扱い方を紹介します。


家事の種類から教えるべし

家事の種類を教える

家事のできない男性は家事の種類が“掃除”、“洗濯”、“料理”の3種類だと思い込んでいます。

例えば“掃除”の中に

  • 掃除機がけ
  • トイレ掃除
  • 風呂掃除

といった、こまごましたものが含まれていることを知りません。

ですので、まずはその種類から教えていきましょう。家事のやり方を教えるのは後回しです。

オススメは自分の“家事履歴”を1週間分くらいつけて旦那・彼氏に見せてみましょう。その際、細かく家事を分類した上で記入すると効果的です。

こんなにやることがあって、こんなに時間がかかるのかと理解してもらいやすくなります。なるべく実情を理解してもらえるような“家事履歴”を作成しましょう!

スポンサーリンク

実践編

実践する

家事を理解してもらえたら、今度はやってもらいましょう。このとき、一番最初から知っていた家事をやってもらうのがよいでしょう。

知っているものだとイメージが湧きやすいですからね。

ただ、それが結構手間のかかる家事(料理など)の場合は“皿洗い”からやってもらうのがオススメです。

皿洗いは大まかにやり方を教えれば発展的なものは少ないですし、まずは自分の分だけでも洗ってもらうなど、ステップアップも構築しやすいです。

また、できるようになってきてもお任せしてしまうのではなく、隣で今はできない別の家事を自分が担当するのがよいでしょう。例えば皿洗いをやってもらっている隣で皿ふきをしたり、キッチン周りの掃除をしたりです。

そうすると、本人だけが家事をしているという思いをさせることがない上に、自然と家事をやる姿が目に入るので、次の家事育成にスムーズに進むことができます

こうして少しずつできる家事を増やしていくと、もし病気になったときやこどもができたときも自分の負担を減らすことができます

男性に家事を教える心構え

心構え

いろいろなところで言われていますが、イライラは我慢です。

できない姿を見ると

なぜできないのか・・・!

と思ってしまうかもしれませんが、そこは仕方がありません。目をつむりましょう。

逆にできたところに目を向けて、「今日はここが良かった!」、「これができるようになった!」とプラス面に目を向けましょう

ほめることはとても大事です。男性は会社でほとんどほめられることがありません。なので、ほめてもらえるとすごく調子に乗ります。

調子に乗せてどんどん家事を覚えてもらいましょう!ほめて喜んでいる姿を見て

しめしめ・・・

と思っておくとよいでしょう。

ただ、要注意事項があります。疲れているときにまで家事をやってもらうのは絶対に避けましょう。やりたくないゲージが一気に上がります。少しできるようになったものもやらなくなるともったいないです。

そういう意味では夫婦間のコミュニケーションはとても大切です。お互いのコンディションをしっかりと把握するためにもコミュニケーションはしっかりとるようにしましょう。

表情や雰囲気から推し量ってほしいと思うこともあると思いますが、人間言葉にしたほうが確実に伝わります。

間違いが少なくなるのはお互いのストレスを減らすためにとても重要です。

スポンサーリンク

うまく乗りこなして家事を分担しよう!

乗馬

ぼくもたまに家事をしますが、とても妻に喜ばれます。男性の家事進出は円満な夫婦生活の秘訣になるかもしれません。

逆にやりすぎると仕事が忙しいときとかは

最近全然やってくれない・・・

と愚痴られる可能性もあるので、要注意です。自分のコンディションを明確にして、

3まる
ごめん、今日は疲れているから家事を手伝えないや・・・

と伝えるようにしましょう。

ぜひ、男性が家事をできないことでお悩みの皆さんは今回の記事を試してみてください!

家事も仕事も最初からできることなんてありません。なんとなく見たことあるからできていたり、気にかけていないとできないなど、経験あるのみです。

経験を積ませる、経験を積む努力をお互いに怠らずに家事で揉めない家庭を目指したいですね。


Twitterをフォローしていただけると嬉しいです。

家事のできない旦那・彼氏の扱い方

▼この記事をみんなに広める▼