仕事をするときに大事にしている3つのこと

アイキャッチ-仕事をするときに大事にしている3つのこと

おはようございます。サラリーマンブロガー3まる(@3sunmaru)です。

今日はぼくが仕事をするときに大事にしている3つのことをお伝えします。


お客さんを意識すること

お客さんを意識すること

ぼくは普段、お客さんとはあまり接しないところで働いています。
職場では『自分で目標を立ててそれをクリアする』、そんな自己満足が評価基準となっています。

それゆえ、お客さんを意識することは忘れません。
でないと、本当に自己満足だけで終わってしまいそうだからです。

やりたくない仕事を自己満足で終わらせる。
これって、非常に低いハードルで終わりそうで嫌なんです。
モチベーション上がらないから終着点も低レベル

これでは何も得られません。時間を浪費してお金をもらうだけです。

そんな人には決してなりたくないので、

3まる
この商品にこういう機能があったら嬉しいだろうな!
3まる
この機能、これで十分だろうか?
3まる
ここの部分、ちょっと変えるだけでよくなりそう!

などなど、お客さん視点で考えながら業務にあたっています。

お客さんへ提供できることを考えていると、上を目指す分、勝手にレベルが上がっていくというか、進歩していく実感があります。
やりたいことができれば、もっと速いスピードで成長するんでしょうけどね!

“お客さんを意識する”

これを実行することでお客さんには喜ばれ、自分の成長スピードは加速する
会社・個人双方に有益なことです。

スポンサーリンク

のちのち困らないよう手を尽くす

のちのち困らないよう手を尽くす

これは転勤がある人にはわかってもらえると思うのですが、自分がいなくなっても大丈夫な環境を整えるようにしています。

というのも、自分が結構困らされたからです。
転勤がある場合、自分が導入したものがあったりすると自分がいなくても維持できるようにしないといけないのです。

資料がなかったり資料に間違いがあったりすると、どんどん深いところまで後任が調べないといけなくなっていきます
※ちなみにぼくは間違いがある資料の方が困ります・・・どこまで正しくて、どこから間違っているのか判断できないからです。

これがかなり大変で・・・

調べることで後任の担当者が詳しくなるということもありますが、基本資料がしっかりして入れば無駄な作業。

もしこの記事を見ている若い転勤族の人がいたら、ぜひ、面倒くさがらずきちんとした資料を作ってください!

内部向けの資料作成はお客さんのためにならない無駄なことだとぼくもわかっています。
でも、数日調査に費やす状態にするより資料を見たらわかる状態にしてあげて、“お客さんに貢献できる状態”を作ってあげましょう!
間接的にですが、お客さんに貢献できるので、少しはやりがいもあっていいですよ!

転勤させると決めている会社だからこそ、こういう地道な努力が効率のいい仕事につながることもあるのです。

先を見て働く

先を見て働く

数週間先の業務がわかっていることが多いので、当たり前のことかもしれませんが、先の業務を見て『誰と一緒にやるか』を念頭に置いてスケジュール立てをしています。

ひとりでやる仕事が少なく、ひとつの大きな業務を2・3人でやることが多いです。
全員複数の仕事を抱えながら働いているので、3週先のことであっても相談や一緒に事前作業できる日が限られます

結構自由に働くことができるのですが、だからこそスケジュール立ては慎重に、先を見て働くことを重視しています。

スポンサーリンク

働き方は人それぞれ

働き方は人それぞれ

働き方は人それぞれです。

ぼくはやりたいことができていない・転勤族という中で、『どう働くのがいいか』ということを考えています。

その結果が上記3つ。いかがだったでしょうか?
まだまだ納得のいく働き方はできていません。

今後もやりがいが見つけられない分、どういうことを大切にして仕事をしていくか常に考えながら働きたいです。

みなさんは仕事をするとき何を大切にしていますか?


Twitterをフォローしていただけると嬉しいです。

アイキャッチ-仕事をするときに大事にしている3つのこと

▼この記事をみんなに広める▼