仕事の電話を若手がとるのはバブル世代の負の遺産

若手が電話をとるのやめません?

おはようございます。サラリーマンブロガー3まる(@3sunmaru)です。

先日仕事で怒られてふと思ったことをつぶやいてしまいました。

普段Twitter上ではほとんど反応がもらえないのですが、このツイートは思いの外反響がありました。やはり今の若い世代の方々は電話をとるルールに疑問を感じているようです。ということで、何がどうおかしいのか考えてみました。


若手が電話に出ることによるデメリット

自分の作業が中断される

電話とは基本的に外部の方が内部の事情を知らずにかけてくるものです。となると、当然そのタイミングの良し悪しは運次第

自分が作業中であっても“若手が出る”というルールがある場合、中断して電話に出ざるを得ません。

すると、作業は強制的に中断されます。電話は唐突にやってくるのできりのいいところまで作業を進めてから・・・なんてことはできません。
中途半端でも電話に出なくてはならず、結果としてどこまでやったかわからなくなったことが多々あります。
さらに職場によっては電話に出るまでのスピードを要求される場合もあると思います。そうなってくると尚更なにをしていたか、どこまでやっていたか覚えておくのは困難です。

自分にかかってくることは滅多にない

これは自分の職場だけの話かもしれませんが、若手は少し年上の先輩と組んで仕事を進めます。すると、電話がかかってきても自分宛なんてことは滅多にありません

つまり電話をとったとしても必ず誰かに回す必要があります。これ電話とる意味ありますか?
自分宛でない可能性が高いのに電話に出るくらいなら、最初から電話がかかってくる可能性が高い人が出た方がよっぽど効率的だと思います。

我が職場はさらにひどいことに、他の人宛の電話だった場合、保留にして対象者が席にいるかを確認しに行って、いたら声がけする必要があります。

本当に時間と労力の無駄です。ぼくは効率重視なので現在の職場に来てから、より一層電話に出たくなくなりました。

スポンサーリンク

電話以外の連絡手段は?

固定電話は誰が出るかわからない、ある種テロのようなものです。電話テロ。では、よくかかってくる固定電話への電話。これは必要だからかかって来ているのでしょうか?

携帯ではダメなの?

電話をかける方も誰が出るかわからないよりは、相手が出るか出ないかの2択、そして出なかった場合はメッセージを残せる携帯電話を使った方がよっぽど効率的ではないでしょうか?
よもや携帯電話を持っていないなどということはないでしょう。

また、今ではWebも発達してインターネットを用いた通話手法も数多く確立されています。
電話代がかかり過ぎるとかは言い訳に過ぎないと思っています。

誰も出なくてもいいんじゃない?

電話は必ずとらなければならないのでしょうか?
みんな手が放せなかったり、作業に集中しているのであれば出なくてもよいのではないでしょうか?

かけてきた人だって、必要とあれば電話がつながらなかった時点で別な方法を考えるはずです。

先に述べた携帯という選択肢もありますし、メールという方法もあります。スマホが普及した今、連絡ツールはいくつもあるのであらかじめ連絡をつけやすい方法で連絡先を交換するということも考えられます。

目的の人と違う人が出る可能性のある電話。これに変わる手段をそろそろ確立しませんか?

まとめ

やはりどう考えても自分の作業を中断したり、集中を切ったりして対応するべきものとは思えません。
そもそも、この若手が電話をとるルール、“バブル世代の負の遺産”と考えています。

人が余っていて、若手は仕事が少ないから電話に出ておいてほしい。そんな要望に答えた結果、“若手は電話に出ておいてほしい”だけが残ってしまった。
これが脈々と受け継がれ暗黙のルールとなってしまいましたが、今や若手も仕事まみれ。電話に出るから仕事をやってくれ状態です。

暗黙のルールは明文化されていない分、普段意識しないところに溶け込んでいてなかなか見直されません

これを改善するためには、現在電話に出さされて嫌な思いをしている我々若い世代が、数年後・十数年後に同じことを繰り返さないことが必要なのかもしれません。


Twitterをフォローしていただけると嬉しいです。

若手が電話をとるのやめません?

▼この記事をみんなに広める▼