嫉妬しない方法って必要?むしろ嫉妬しよう!

嫉妬した方がいい

おはようございます。生き方探求ブロガー3まる(@3sunmaru)です。

人間の感情って、よくないと思いつつもわき上がってくるものがありますよね?
そのうちのひとつがこちら。

しっ-と【嫉妬】

[名](スル)

  1. 自分よりすぐれている人をうらやみねたむこと。「他人の出世を嫉妬する」
  2. 自分の愛する者の愛情が、他の人に向けられるのを恨み憎むこと。やきもち。悋気(りんき)。「夫の浮気相手に嫉妬する」

引用元:デジタル大辞泉

Googleで検索すると、嫉妬しない方法や嫉妬の感情を抑える方法がトップに出てきます。

でも、みなさんちょっと待ってください。
嫉妬ってそんなに悪い感情でしょうか?


嫉妬はマイナスの感情ではない

嫉妬は相手をうらやむ気持ち

嫉妬は自分よりできる人を見つけたときや、自分の彼氏・彼女が他の人と楽しそうにしていときに抱く感情です。
おそらく、嫉妬の対象が悪いわけではないのに相手に対してマイナスの感情を抱いてしまうから、自己嫌悪におちいり嫉妬したくないと感じたり、嫉妬の感情を抑えたいと思ってしまうのでしょう。

しかし、よく考えてみてください。
相手をうらやむということは、内心で自分にないものを相手が持っていると認めることです。

この自分にないということを認められるということは、それを得るために努力できるということではないでしょうか?

自分の弱点や弱みを知らない・わからない人が克服してさらなる高みへ行くことができるでしょうか?
そう考えると、嫉妬はマイナスの感情として扱うのではなく、向上心のようなプラスの感情で扱えるのではないでしょうか?

この境目はおそらく嫉妬を抱いた後の行動にあると思います。嫉妬して相手に当たってしまってはマイナスの感情です。嫉妬して

3まる
なにくそー!負けない!頑張るぞ!!

となれば、それはプラスの感情です。

嫉妬をマイナスと捉えるか、プラスと捉えるか、それはあなた次第ではないでしょうか?

憧れより嫉妬がいい

嫉妬と似たような抱き方で、プラスの感情として近いものが“憧れ”ではないでしょうか。
しかし、抱き方が似ていてもぼくは“憧れ”よりも“嫉妬”を抱きたいと思います。

それはなぜかというと、憧れは憧れた相手を追い抜きたくないという感情が芽生えるからです。

嫉妬の感情を抱いてプラスに捉えたときはどうでしょう?

3まる
あの人に負けたくない!超えてやる!

と思いませんか?

それが憧れだったらどうでしょう?

3まる
あの人すごいなぁ。追いつきたいなぁ!

となりませんか?

ある人に憧れてしまうと、その憧れを崩したくない感情が無意識のうちに働き、それを超える努力をするのを妨害します

ですので、ぼくは憧れるくらいなら嫉妬したほうが、向上心が得られると考えています。

スポンサーリンク

人生に嫉妬は不可欠

今回この記事を書くきっかけとなったツイート。ぼくもこのツイートには賛成で、嫉妬・悔しさ・怒りなど感じたらそれを糧に上を目指したいです。

こういう風に上に目を向けるきっかけをくれる感情って大事にしたいですね。
そうなると常に誰かに嫉妬している環境で暮らしたいです。この環境構築はネットが普及した現在では非常に簡単なのかもしれません。

一時期、怒りと焦りの感情は人間生きる上で不要だと思っていたのですが怒りは見直しました。焦りは未だにいらないと思っていますが、もしかしたら何か
いい捉え方があるかもしれませんね。

3まる
今日もブログやTwitterををあさって嫉妬しまくるぞー!!

Twitterをフォローしてもらえると嬉しいです。

嫉妬した方がいい

▼この記事をみんなに広める▼